FC2ブログ
看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2018年06月02日 (土) | 編集 |

私は高齢者に昔から興味があって、テレビを設置していた頃は、


「百歳万歳」という番組をずっと見ていた。


特に生涯現役で働いている人や、働いていなくても何かを夢中で


やっている高齢者に関心があって、その類の書籍を収集して、


本棚には80代後半~100歳、100歳以上の人のエッセイとかも


並んでいて、何冊か新しい本を母親にもプレゼントした。


今は認知症の人が多い施設で働いているけれど、ここでは毎日


意外な発見とかが多く勉強になる。


認知症の人でも昔のことは鮮明に覚えていて、戦時中の体験談


などは、映像や本で読むのとは違って、ご本人に聞けるので、


すごく興味深い。


また、皆さん、淋しいのか、とにかく人と話したくて仕方がない。


時間があると話に付き合うのだが、延々と話が尽きないので、


爪切り援助をしながら、ゆったりと聞くようにしている。


そうしないと、ただ話しているだけだと、走り回っている


介護スタッフに悪い気がして、結構、施設看護は気をつかう。


医療処置は看護師しかできないけど、介護的なことは看護師も


できるので、手が空いたら排泄の介助などもやる。


あまり、介護に手を出しすぎると、今度は同僚の看護師から


介護さんがあてにしてやらなくなるとか、色々と言われて


板挟みになるので、施設看護は難しい面がある。


まあ、色々とストレスもあるけど、高齢者と接するのは楽しい。


私の老親のことや、自分自身の未来を考えると、明日は我が身と


いつも思って、高齢者とその家族を看て勉強させてもらっている。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック