FC2ブログ
看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2018年06月02日 (土) | 編集 |

漫画の主人公が次々と交渉を成立させる、そのストーリーが超面白かった。


人が体験するトラブルや悩みは、殆どが人間関係だと言われている。

漫画の主人公は「ネゴシエイト・ナビゲーター」として、あらゆる

交渉事を成立に導く救世主のようなハンサムで魅力な男。

この男の元には崖っぷちに立たされた依頼人が殺到し、交渉不可能と思える困難な

依頼が次々と舞い込んでくる。

全部で6つの交渉事は人間同士の深い心理を探りながら、最終的には

最良の交渉を成立させる、その解決までのストーリーは面白いだけでなく、

人の微細な心の動きが分かり、交渉術の成立過程が良く理解できる。

追い詰められた新人編集者、ママ友との付き合いで家庭崩壊寸前の主婦、

売れない俳優の切実な悩み、心臓病を抱えて定食屋を営む母を心配

している娘の依頼には、まるで手品のようなテクニックや、罪のないユニークな

嘘も交渉に使っていたけれども、最終的には幸せに導くことになった。

第5章では、交渉人の主人公の過去の交渉の失敗というのが、ある銀行に

立てこもった銀行強盗との交渉だった。

当時は未熟だった主人公が交渉に大失敗して……としんみりと語り、その後に、

思わぬ展開になり、ワクワクドキドキ、超刺激的なストーリーが続く。

6つの交渉を面白い漫画で読者を引きこんで、最後にアッと言わせる

交渉成立術を詳細な解説で誰にでも理解できるように書いてある。

また、この解説は会話形式なので分かりやすくて良かった。

本の評価だが、漫画も面白い、解説がものすごく分かりやすいので、

買って損はない、間違いなく評価☆☆☆☆☆だ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック