看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2018年05月31日 (木) | 編集 |

高齢者や糖尿病の人の足のトラブルを勉強するのに最高!


高齢者で足のトラブルを抱えている人と接する機会が多い。

特に、爪白癬や巻き爪に悩み、自分でケアすることができない人が多く、

困っている人がこの世に沢山いることが分かった。

また足は人に見せるのは恥ずかしいし、失礼だと思って悩みを打ち明けない人も多い。

糖尿病の人も足のトラブルを抱えている人が多い。

糖尿病性の神経障害は高血糖の状態が長期間続くことで、末梢神経が侵されて、

最悪は足の切断という、泣くに泣けない悲しい結末となる。

そうならない為にも、普段から足をよく観察して適切なケアをやっておかないと、

靴ずれやたこ、魚の目のようなものでも、甘く考えて放置してはいけない。

免疫機能が低下した人は感染しやすく、小さい傷から潰瘍や足壊疽(腐る)となり、

切断という最悪の事態に陥る。

そんな辛い結末にならないように、第二の心臓と言われる大切な足は守ってやらないと

トラブルが起こってからでは遅い。

爪白癬や巻き爪は固く肥厚した爪となり、周囲の皮膚を損傷する危険性が高い。

特に高齢者や糖尿病の人に多いので、爪のトラブルからも感染したり、

そこから大きなトラブルに発展するので、高齢で目の見えにくい人の足を

家族や周囲の人が観てやらないと気がつかずに重症化する。

私も足に対する知識が浅いので、専門家から正しい知識とケア方法

を学んで、足のトラブルで悩んでいる人を少しでも救いたい。

また自分の親も今は元気で自分の足で歩いているが、将来も足のトラブル

がないとは限らないので、正しいケア方法を身につけたい。

この本と家にある糖尿病関連や高齢者の専門書で勉強しようと思う。

まだ全てを読んでいないが、白黒写真とイラストで足の構造、足の病気、

フットケアについて詳細に書いてあるので、これは使えそうだと確信した。

評価は全部読んでいないので、とりあえず☆4つにした。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック