FC2ブログ
看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年05月31日 (木) | 編集 |

驚き!心が折れる凹むはいいことだった!


心が落ち込む、折れる、凹む、とはマイナス感情で悪い事だと思っていた。

だから、凹んだ時の立ち直り方という類の本を沢山持っている。

逆説的だと思われるタイトルに興味が湧いてkindle読み放題で読んだ。

例えば、「心が折れないコンピュータ」は非常に恐ろしい。

常に「絶対!大丈夫!」と自信満々に突っ走っていくコンピュータだと、

使い物にならないらしい。そりゃあ、当然だよね。

今取り組んでいるのは、コンピュータを人間化することで、人と同じ

ように情動をもって心が折れる、人の気持ちが理解できる人工知能づくり

をやっているとの事。

また、これからの時代を生き抜くには、付加価値を生み出す前頭前野の

脳の働きを活性化して、創造力を高めてアイディアを生み出せと~。

この前頭前野は「楽しい」「嬉しい」などの情動によって創造力を高め

それが、付加価値を生み出すという事だ。

これは、既にもう色々な人が言っていることだけどね。

資本主義社会では、付加価値が高いことがお金に変換されるので、

他人を喜ばせることをやって自動的に収入が入るようにせよって

全て当たり前のことだけど、この当然のことができない。

      
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。