FC2ブログ
看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年05月31日 (木) | 編集 |

ペットの話、芸能人、旅行、ダイエット、食べること…等々、盛り沢山!


林真理子さんもナッツ愛好者で、新幹線の中でも食べるのを知った。

中高年層の女性って、若返りやダイエットを期待して食べるんだよね。

私もたんぱく質やビタミンEが豊富なナッツ類は毎日食べるけど、

食べ過ぎるとカロリーが高くて逆に肥るし、消化に時間がかかって

脳血流が悪くなり、読書中でも急激に眠気が襲ってくるのが難点だ。

それから、林さんも物忘れがひどくなったそうで、親近感を持ったのと、

長谷川式認知症スケールテストをやったのだから、本気で不安を感じたんだね。

そして、小説の登場人物の名前も忘れやすいということで、林さんや作家仲間も

面白い工夫をしているのがユニークで笑えた。

医師との不倫で話題になった女優さんの名前を付けて、ご本人に喜ばれたというのも、

「知らぬが仏だよなあ~」と思わず笑いがこみ上げてきた。

ちなみに、あの女優さん、私は大好き、何をやらかしても嫌いにならないし、

一時的なスランプにもめげずに図太く生き抜く姿や、いつまでも女性として、

職業人として、美しく輝いているところが、林さんと似ていると思った。

生きものへの愛の話では、林さんは食べる鳥は好きだけど、意外なことに鳥類が

苦手だったそうだ。

だけど、野鳥に心が和むようになってから、野良猫みたいに置き餌をすることにした。

この置き餌が、十六種雑穀米というのも、めちゃめちゃ林さんらしくて面白い。

食通の林さんだから、鳥にも多種多様な美味しい餌をあげようと思ったのかなあ~。

ある日、鳥の糞害で中庭が汚されているのに気づくが、今さら餌置きが止められない。

このへんが、林さんらしくて色々抱えてしまうけど、優しさと責任感で高感度がアップ。

だがしかし、野鳥よりも鳩が庭にやってくるようになって、友達の鳩の恐怖体験が

再現フィルムのように蘇る。

この話は、身の毛がよだつ残酷な鳩の死骸の話なんだけど、これには元来、鳥が大嫌い

だった林さんには耐えられない恐怖だと同情した。

私もこの話は脳裏にゴキブリホイホイと鳩の死骸が焼き付いて、ぞっとしたよ。

野良猫ちゃんの話も良かったし、愛犬のトイプードルの医療費と体調を崩した

愛犬の失禁のことも、長年犬猫を飼ってきた私には共感できることばかりだ。

生き物を飼うってことは、食事と排泄の世話が付きもので、神経質な性格

の人にはストレスになるし、ペットを飼うのは大変だとつくづく思った。

文春を買わないので、林さんが毎週書いている内容は読んでいないので、

文庫として40集以上の短編の面白いネタが詰まった本は、暇つぶしにも

なるし、芸能人のことや、被災地のペットのことや、ダイエット、旅行、

日常の発見…等々を、林真理子節で書いてあるので飽きずに楽しめた。

それから、ぶりっ子アナウンサーと言われてる小林麻耶さんとの対談も、

私は麻耶さんが好きだから、恋愛と結婚の話が興味深く楽しく読めたので、

今回も買って読んで満足度が高かった。

週刊文春は買わないけど、これからも文庫で面白いネタを披露して欲しい。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。