FC2ブログ
看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2018年05月19日 (土) | 編集 |

この会社、一体いつ死ぬのだろう。


私は銀行から見捨てられ、もう死ぬしかないと思った。


だけど、会社はかすかに息をしている。


現金という酸素と栄養が枯渇して、やせ細っている会社。


まだ細胞が生きていて、新しい細胞を作ろうとしている。


あっちこっちで小さい細胞を増殖しようと頑張っている。


関西圏で新規開拓に力を注いている社長。


この社長も体格が良かったのに、随分と痩せてしまった。


私は痩せることもなく、病気にもなっていない。


でも、落ち込むことはしょっちゅうだ。


暗い気持ちで老人ホームへ行く。


高齢者の前では、笑顔をいっぱい作って接している。


私って二重人格?と思ってしまうほど明るい。


仕事を終えて自宅の玄関に入り、玄関内の鏡を見る。


急激に暗くなって涙があふれる…。そんな時が何回もあった。


でも、愛犬たちがリビングのドアからこっちを見て、


早く来て来て~ドアを6本の前足でガリガリ音を立てる。


私が落ち込んでいると犬たち察して暗い表情になる。


元気を出さないと、こんなに可愛い子たちがいるのに、


泣いている場合じゃない!負けられないと思う。


質素な食事でも美味しくいただけるし、夜も熟睡できる。


朝も3時~4時には起きて犬たちと散歩にも行ける。


まだ狂っていない、狂いそうなくらい辛くても、


まだ面白い本を読んで大いに笑える。


今の私にとって、読書が一番の心の栄養だ。


読んだ本は栄養をいだだいたお礼にレビューを書く。


食費を削って本を買う。他のものはとことん切り詰める。


本を買えなくなったら、もう私は生きる楽しみがない。


kindle版読み放題の会員を生かして、色々な本を読む。


仕事関係に好きな作家の本を読めるのがありがたい。


でも、読み放題の難点は古い本が多いという事だ。


4年前のように新書を悩まずに買えるようになろう。


好きな本を図書館で借りるのは嫌なのだ。


私も社長も本は自腹を切って買う。


仕事関連の本は以前は経費で買っていたが、今は買えない。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック