看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
2017年12月24日 (日) | 編集 |

前回のブログの続き



昨日は白柴ユキちゃんが逃走して、逃げ回って大変だった。


私の愛する白柴ユキちゃんが、家の前に居るのに捕まえられない。


近所のジャーマンシェーパード君の家の前の道路に居て、その家の周囲


をうろついている。


「ああ、ヤバイ、もうすぐしたらシェパード君の散歩時間じゃないか!」


きゃあ、ヤバすぎる!シェパード君は恐ろしく凶暴の暴れん坊犬だ。


だから、絶対にその前に白柴ユキちゃんを捕まえないと超危険だ。


そう思った瞬間、シェパード君とおばちゃんが家から出てきた。


きゃあ、こりゃあ、参ったよ~。ああ、どうしよう~。 (。>ω<。)


私は走っていって、「すみません。リードが抜けてしまって!」と


ユキちゃんに近づくと、「ああ、中に入るわ~。」とシェパード君


は家に戻された。(ごめんよ~シェパード君~せっかくの散歩タイム~)


そしたら、白柴ユキちゃんは大通り側に逃げ出した。


私は慌ててユキちゃんを追いかけたが、ユキちゃんは安全な歩道側を


走っていたので、もう追いかけるのは諦めた。


柴犬が本気で走ったら、人間の足では到底、追いつくはずがない。


私は白柴ユキちゃんに完全に遊ばれている。情けない飼い主だ。


私はいつも家の中で、ボールや縄を投げてユキちゃんと遊んでいる。


白柴ユキちゃんは、家の中で追いかけっこをしている延長で、外で


も同じことをやっているんだ。


だから、私の目の行き届く範囲で逃げている。


「ママ~こっちだよ~。早く来て~。こっち、こっち~。」ヾ(・∀・)ノ


という感じで、ユキちゃんはハッスルして楽しそうに走っている。


こっちは、ハッスルどころか息ハアハア~疲れてヘトヘトだよ(。>ω<。)


私が追いかけるのを止めると、不満そうに立ち止まっている。


私が白柴ユキちゃんと逆方向に向かって歩き出すと、ユキちゃんの


表情が不安顔になって、のこのこと私の後を追いかけてくる。


だけど、私が近づくと、さっさ~と素早くかわして逃げる。


だから、白柴ユキちゃんは逃走しているつもりはない。


私とお外で楽しく遊んでいるつもりなんだ。ああ、困ったよ~。


だったら、家に再び戻って、一番おいしい餌で釣るしかない。


「そうだ、再度、餌作戦に切り替えて駐車場で待機だ!」


私は家に戻って、病気の時に食べさせる高級缶詰と大好きなチーズを


家の前の道路から、家の駐車場、そして外玄関の門、と餌で道を作って


待機していた。


私の予想通り、白柴ユキちゃんは私の姿が見えなくて、心細くなり不安で


家の前の道路まで戻って来た。


「もう、この馬鹿犬!あほユキ!いい加減にしろ!」と内心思ったが、


「しめしめ、やっと捕まえられるぞ!」と今度は慎重に行動した。


しかし、白柴ユキちゃんは用心深く知恵がある。


白柴ユキちゃんは、大好きな餌を道路に置いた餌だけを食べている。


「ほ~ら、おいしいだろう~。もっと食べたいでしょう。」


「今朝は長距離マラソンをやったから、お腹が空いているだろう。」


私は缶をカンカンと叩いて、まだあるよ~とサインを送った。


ユキちゃんは、大好きなチーズも道路側からすっかり食べてしまった。


白柴ユキちゃんは、飼い主に似て大食いの食いしん坊だ。


私の作戦通り、白柴ユキちゃんは道路の餌は全部たいらげて、ゆっくり


とした足取りで駐車場までやってきた。


でも、門まではやってこない。さすが、柴犬だ!用心深い。


困ったなあ~。白柴ユキちゃんは駐車場で止まっていて、


私が手を伸ばすと、さっささ~と道路に逃げる。


ああ、駄目だ~。また、道路に行ってしまった。困ったなあ~。


「今日は看護師のパート仕事があるし、遅刻は出来ないしなあ。」


私はもう一度、大好きなチーズを道路から駐車場に撒いた。


そしたら、食いしん坊のユキちゃんは道路側のチーズをたいらげ、


我家の門の近くの駐車場まで来た。


私はとっさに白柴ユキちゃんに着せていた服を引っ張って、


そのまま引きずって、前足を引っ張り、次に大きな胴体を抱き抱えた。


白柴ユキちゃんは、抱っこされて少し暴れたが、賢いのですぐに


諦めて無事に家の玄関内に到着!


私は白柴ユキちゃんの体をタオルで拭いて、お散歩グッズを早急に


片付けた。


「あれ、ない、ない、ない!ピンクのハーネスがない!」(。>ω<。)


外玄関、外階段、駐車場を探してもハーネスは見つからなかった。


「ああ、今朝はなんて日だ。でも、こうしてはいられない!」


私は大急ぎで、お風呂場へ向かってカラスの行水並みの速さで入浴、


ついでに洗濯、そして掃除機掛けなどの手抜き家事をやった。


それで、無事、出勤前の準備完了! ヾ(・∀・)ノ


私はいつもの時間に、電動自転車に乗って有料老人ホームに行って、


パート看護師の務めを果たすことが出来た。


昨日は大変だったけど、交通事故にも遭わずにラッキーだった。


でも、白柴ユキちゃんは躾の見直しをしないと駄目だ。


他人を襲ったりはしないけど、道路を走ってしまって、車の運転手さん


がハンドルを切り損ねて大事故になる危険性がある。


白柴ユキちゃんだって、交通事故で即死や大怪我を負う。


私が全て悪いのだ。白柴ユキちゃんを猫のように育てたからだ。


家の中で猫のように「ユキちゃん、待て待て~待て~こら待て~」と


追いかけて遊んでいた。 ○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○


ボールや縄を投げて、ユキちゃんが追いかける、私も一緒に


ボールを追いかける、「ユキちゃん、待て~」という感じでね。


だから、白柴ユキちゃんは「待て待て~」と追いかけられると、いつもの


楽しい遊びが始まったと勘違いをしてしまったのだ。


ああ、困ったなあ~。どうやって、躾をやり直すかだ。


それと、今朝、チワワのリク君とソラ君の散歩で、2回も散歩コースを


回って白柴ユキちゃんのハーネスを探したけど見つからなかった。


今度は安全装備の外れないハーネスを買わないとね。


ああ、貧乏なのに、また高いハーネスを買わないといけない。


今朝は散歩に行けないので、白柴ユキちゃんはしょんぼりしていた。


でも、仕方ないよね~。私も白柴ユキちゃんも自業自得だ。


さて、急いで丈夫で安全なハーネスをネットで探さなきゃ~。


お家にハーネスが届くまで、白柴ユキちゃんのお散歩はおあずけだよ。


だけど、事故に遭わなくて本当に良かった~。ヾ(o´∀`o)ノヾ(・∀・)ノ



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック