看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
2017年12月17日 (日) | 編集 |

囲碁と経営の考え方の基本は同じだ。


私たちの経営は、最善の一手は一度も打てなかった。


実力不足だったのだよ。私は自分の負けを認めているよ。


勉強不足だったんだから、良い手が打てるわけないよ。


囲碁を始めたばかりなのに「これはいける~!」と読みが浅く、


欲に駆られて、突き進もうとしたから駄目だったんだよ。


基本的なことが、何も分かっていなかったんだよ。


勝つための戦略も何もなかったんだよ。ゼロだよ!ゼロ!


がむしゃらに打ったって負けるに決まっているんだよ。


しかも、ルールがあるのに、無視しすぎだろう。


私たちは惨敗したんだよ。負けを認めて投了だよ!


最強の一手も、今までに積み上げられたものがないと打てないんだよ。


全体の流れを見て行かないと、目先の欲だけじゃ勝てないんだよ!


危険な場所だと分かっていながら、賭け事のように進むからだよ。


経営は博打じゃないんだよ!社長のやり方は博打と同じだよ。


周囲も迷惑するんだよ。


タイミングを逃し、運にも見放されて敵に取り囲まれたんだよ。


無謀なことばかりやっているからだよ。


だから、周囲が敵だかけになってしまったんだよ。


相手のことだって考えないと駄目だろう、ああ、最悪の一手ばかりだ。


しかも、最悪の時期に打って深みにはまったんだろう。


もうどこにも打つ場所など残されていないのに、何をやっているのだ。


素直に負けを認めて、もっと腕を磨いて一からやり直すしかないよ。



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m


        
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック