FC2ブログ
看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017年12月12日 (火) | 編集 |

ブログを楽しみにしてくれていた友人から、ブログはもうやらないのかと、


心配の連絡が入った。


「ペットブログと経営ブログの両方ともお休みするの?」ってね。


私は看護師に戻って、有料老人ホームで看護師のパートを始めた。


入職5日目でも、もう戦力になって1人で注射などの処置に回っている。


これって、とても危険だと思うのだけど、私は慎重派なので再三確認を


して、ミスをしないように働いている。


最初の約束と違うのだけど、最初の1か月は誰かについて仕事をする


と言われていたけど、リーダー看護師と私と2人だけだと、必然的に、


処置係は私、リーダー看護師は施設全体の責任者みたいなものだ。


処置と言ってもインスリン注射や皮下注射や筋肉注射ぐらいで、大した


処置はないけれど、名前と顔が一致しない間に、率先力にされても


困るよね。


覚えることは山ほどあるし、ものすごいプレッシャーです。


私は超慎重派だし、責任を強く感じるタイプなので、今は必死だ。


誤嚥性肺炎予備軍の方も大勢いるし、急変も多いし、看取り期に入った


利用者さんもいて、看護師は家族さんとの対応とか色々と大変だ。


私は看取り期と急変の区別が分かるように、医療的な判断力をつけないと


助かる命を助けられなくなってしまう。


救急搬送すべきなのか、様子を看て大丈夫か、往診医に連絡するのか、


そういうことが的確に判断できるようにならないとね。


そのためには、普段の利用者さんの健康状態の把握もしておかないと、


判断材料となるバイタルサインだけじゃ片手落ちだ。


だから、経済的にきついけど必要な本は自費で購入して勉強している。


「いつもと違う高齢者をみたら…在宅・介護施設での判断と対応」


この本をAmazonで買ってとても良かったので、今度またAmazonの


レビューに書こうと思う。


読書も続けるし、Amazonレビューもやめないけれど、仕事に慣れる


までは、全然、余裕がないので今しばらく、無理せずにやるべきことに


専念しようと思う。


経営の方は社長と社員に頑張ってもらいます。


私は会計ソフトにデータ入力して、支払をネットバンキングでやって、


年末調整などの事務処理をする程度。


あとは、全部、社長のやりたいように、お好きにどうぞって感じだ。


だから、私のお友達、私が元気になって、もっとプラス思考で明るい


兆しが見えるまで、そっと見守ってくださいね。


私は必ず立ち直って見せるので、よろしくお願いします。



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m


        
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック