看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
2017年12月06日 (水) | 編集 |

今日はパート3日目、顔と名前も段々と一致するようになってきた。


利用者さんは80代が一番多い。


「家に帰りいたいわ~息子はもう少ししたら迎えに行くって言ったのに、


全然迎えに来てくれない。」


「本当は家に帰りたいけど、娘一家に世話になるのも申し訳ないしね。」


「若い人たちの生活を邪魔するより、ここでお世話になっているんです。」


利用者さんが自分から入所した経緯を話してくれた。


殆どの利用者さんは、家族写真を部屋中に貼っている。


言葉を話せる人形と一緒にベッドで寝ている女性が、数人いらっしゃった。


施設と言っても部屋は個室だし、家族が遠方で面会が少ない場合は、


孤独を感じているようだ。


在宅看護、老人ホーム、どちらの選択が良いか分からないけど、誰もが


自分の家で暮らしたいと思っている。


しかし、子供にしたら1人暮らしの老親は施設に入ってもらった方が


安心だと思うのだろう。


子や孫には自分たちの生活があるし、甘えられない事情もある。


有料老人ホームに入所する人は、金銭的には恵まれている人が多いが、


親族間で財産問題で揉めていたり、見たくなくても見えてくる。


利用者さん同士の口喧嘩や、ちょっとしたトラブルもある。


部屋に引きこもって食事以外は出てこない人、人の気配のするリビング


に居る人、色々な人が入所している。


また、高齢者はよく熱を出したり、体調を崩す。


80代や90代の高齢者は複数の病気を合併している場合が多い。


体温調節機能も働きにくいため、部屋の温度や掛物で熱がこもると


発熱したり、食事でむせて、そのむせが蓄積すると肺炎になる。


また、夜間に転倒して怪我をしたり、何が起こるか分からない。


介護士さんたちは全員優しいし、大変な仕事を責任を持ってやっている。


男性介護士さん達も大勢働いて、自分の仕事に誇りを持って一生懸命に


働く姿には頭が下がる。


ホームでは70代前半は若い方の部類に入り、後期高齢者が殆どだ。


私も健康寿命が長く保てるのなら、長生きしたいけど足腰が弱くなって、


自力で歩けなくなったら長寿も辛いなあって思う。



上記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m


    
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック