看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
2017年11月14日 (火) | 編集 |

会社を倒産させず、継続の道を行くのに、どうして私は出稼ぎなどしなく


てはならないのか。


それなら、一層のこと潔く会社を辞めたいと思う。


役員報酬の代わりに他で仕事をするなら、会社役員の意味もない。


家が事務所になって家に備品が入って、自分の生活が激変する。


それで、私は外に稼ぎに行くって、どう考えても異常事態だよ。


私は、経営能力のない社長に振り回されて、まだ利用されるのか。


私は社長のことは全然信頼していない。


今後、社長が挽回して再起するとも思えない。


大体、社長の読んでる歴史本からして、怪しすぎる。


「諸葛孔明の兵法」「呉子」「三略」「六韜」「孫子の兵法」


「三国志」が社長の愛読本だ。


守屋洋氏の著書にはもっと社長にふさわしい「菜根譚」があるのに!


私は社長には菜根譚を読んで、何が駄目だったか反省してもらいたいよ。


本当に、社長はなんでいつも「経営は戦争や!」と言うのかねえ~。


一体、何を考えてるねん?誰と戦っているんや?


人と戦うより、自分自身の自制心と闘えって思うよ。


そんな兵法ばっかり読まないで、数字をしっかり読んでくれ!


私は社長の脳味噌の神経が、どこかぶち切れていると思うよ。


しかも、あの異常な図々しさって何だ。


そして、あの奇妙な明るさは何だ。こっちは暗くなる一方なのに~。


良い風に考えたら強い、でも、最近はそうも思えない。


普通の神経の人間なら、多くの会社に迷惑をかけて申し訳ないって、


悩み苦しんで、とっくに気持ちが折れてしまっているよ。


それなのに、なんだ、ありゃあ、無神経で図々しいとしか思えないわ。



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m


50歳代ランキング
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック