看護師から会社役員に転身するが、大赤字で倒産寸前となり借金を背負い込む。経営知識の乏しさを猛反省し懸命に勉強して再起にかける。
2017年11月20日 (月) | 編集 |

社長から私の自宅を事務所にすると聞いた。


何を勝手なことを、言っているんだよ。


ここは、私の所有物。


役員報酬も出ない、次の仕事も取ってこないのに、未来に光が見えない


状況で、自宅が事務所になったら、私はどこにも逃げられないわ。


会社に貸したお金も返済してもらえないし、家も提供するなんて無理!


未払いの業者や色んな所から電話が入ったり、家に訪ねて来られたら、


私は近所の笑いものじゃないの。


ああ、もう勘弁してほしい。私と愛犬の気が休まる場所がなくなる。


気が重すぎて、重すぎて、重すぎて、やる気が出ない。


何でそこまで利用されるのか、犬を連れて家出したい。


ああ、段々と疲れてきた。希望が全く見えないわ。


家に備品が入ったり、工具や材料が置かれたり、お客が来たり、


取り立てが来たり、勝手にトイレを使われたり、ああ、もう嫌だ。


その上、私が派遣やバイトで疲れて帰宅しても、家に憩いの場がない。


看護師の派遣に登録してから、電話がじゃんじゃんかかってくる。


でも、この不安定な身分で気が重すぎて、電話も無視している。


こんな中途半端な状態で、気の重い看護師の仕事などして、ミスを


したら免許剥奪だよ。


役員も重い、看護師の責任も重い、社長も重い、借金も重い。


精神的重圧で気分が悪すぎて、意欲もなくなってきた。


もうプラス思考になんてなれないわ。


明るかった私って、一体どこに行ったんだろう。


今年のクリスマスも大晦日も、来年のお正月も子や孫にも親にも


会いたくないな。


去年も同じだったな。もう、誰にも会いたくないわ。



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m


スポンサーサイト


2017年11月19日 (日) | 編集 |

「よ~おし~頑張るぞ~!大丈夫や!いける!」と明るい社長。


よくこんな最悪の状況で、あの明るさを保てるものだ。


普通の人なら、もうとっくに諦めて逃げてると思うけど…。


「考えても仕方ないことは考えない!」と豪語する社長。


ある意味、凄いかも知れないけど、別の見方をすると異常だ。


今日も倉庫の売れる材料などを売るために、業者を呼んだらしい。


はあ?でも、それだけ無駄な材料を注文していたって事だよなあ。


まあ、いいや、暗く落ち込んでいる社長も困るしね。


この社長の図太さと、諦めない執着心は凄いけど、尊敬はできん!


あっちからも、こっちからも責め立てられてもめげない。


でもさあ、何で2か月前、3か月前にやらなかったのか不思議だ。


どうして、いつもギリギリになって動き出すのかね。


もっと前に分かっていたことなのにさあ~。


それを社長に言うと、あの時はあの方法しかなかったと言う。


そんなことないと思うけどね。


何度言っても、遅れるのはいつものことだしね。


社長っていつも決断が遅いし、対処も指示もギリギリで疲れるよ。


メインバンクの支店長の本心も、社長は読み取っているようだ。


「支店長は会社を積極的に助けたい訳じゃない。」と社長も言っていた。


私も支店長の考えが、何となく読み取れるけどね。


それを承知の上で、強引に粘って支援を求めるしぶとさには驚く。


支店長の隣で担当行員さんが、ものすごく渋い顔をしていたと聞いて、


「そりゃあ、そうだよ。分かるよ。本当に彼の気持ち、言いたいこと


が手に取るように理解できるわ。」と気の毒になってしまった。


担当の銀行員さんは、私の前ではいつも本音で語ってくれる。


彼は社長の愚痴を言って、事務所のソファで何度もひっくり返りそうに


なったことがあるんだからね。社長は知らないだろ。


「社長、本当に大丈夫やろか~心配やわ、ああ、勘弁して下さいよ~。」


と泣きそうな顔で私に愚痴っていましたからね。


私は彼を安心させるために、「大丈夫ですよ~。〇〇〇〇……。」


とありとあらゆる、安心材料を絞り出して明るく語って女優になる。


私がもし「そうなんです。心配です。」などと本心を言ってしまうと、


銀行の態度が一気に変わってしまうから、いくら、正直者の私でも、


ここは、申し訳ないけれども名演技を演じて安心させるしかない。


私も行員と同じ気持ちだったので、彼の気持ちが痛いほど分かるよ。


私も「ああ、もう勘弁してよ!本当に大丈夫なのか?社長、頼むよ!」


と災難を頭からぶっかけられそうで、いつも不安で逃げ腰だった。


社長の体は不健康だが心は、いたって明るく元気に見えるけど、


「俺だって悪いと思ってるし、すごく気にしてるよ。でも、今は考えても


どうしようもできないし、今は目の前のやれることをやるだけ!」


といつも同じことを言う。


私は社長に返す言葉が見つからず、ただ、引きずられたくないと思う。



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m




2017年11月18日 (土) | 編集 |

アメブログに求人関係の広告が勝手に入ってくる。


看護師の仕事を探していたら、どんどん情報が入ってくる。


他のアルバイトに比べても、看護師の時給は高い。


介護の時給も随分と改善されて、高くなっているようだ。


看護師や介護福祉士、看護助手など人手不足は何十年も前から同じだ。


「きつい、汚い、危険、給与安い、責任もきつい、夜勤がある…。」


悪い面を探せばいくらでも出てくる。


良い面と言えば、働く場所があること、夜勤明けの解放感かなあ。


夜勤はまるで長距離マラソンで、全力疾走で走っている気分だ。


朝になりゴールが見えてきてテープを切ったら、達成感と解放感が


味わえるけど、はっきり言って「ああ、疲れたあ~」


夜勤明けで元気が残っていたら、買い物にも行けるし、自由時間を


謳歌できるけど、大変な夜勤に当たると体力は残っていない。


2交代の夜勤は仮眠時間が与えられても、急変や超多忙になると


仮眠する時間が減るし、ひどい時は全く眠れないときもある。


3交代も日勤を終えて、再び夜中に出勤で生活リズムが狂う。


アルバイトの夜勤手当は高めだが、常勤の夜勤手当は安い。


それに、今はどこの病院や施設も患者さんの高齢化が著しいので、


急変や夜間の転倒事故が頻回に起きる。


そんな急変に出くわすと、2人~3人体制で60~100人の患者さんを


看ている場合は、仮眠していても飛び起きなくちゃならない。


最近は介護施設が人材を確保できずに、倒産する施設が増えてきた。


今後も介護福祉士さんの人材確保は難しいだろうなあ。


自分自身の老後を考えたら、日本の未来は決して明るくないなあ。


人手不足で、医療や介護の質は落ちていくだろうし、介護される側に回る


のも現場を知っているだけに怖いなあ。


私も健康寿命を延ばせるか、駄目ならぽっくり逝けるかと考えてしまう。


昨今の日本人は、8割の人が長生きしたくないって思っている。


今後、安楽死を願う人は、高齢者だけでなく若い人も増えるだろう。


貧困老人になどなってしまうと、お先真っ暗ってことだなあ。


そう考えたら、経営で失敗などしている場合じゃない。


私も老後に借金が残っているような悲惨な状況は避けたいと願う。



下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m




2017年11月17日 (金) | 編集 |

私は社長の報告を聞いた後、「社長のことを完全に信じるのは危険!」


と直感的に思った。


メインバンクの支店長が協力的だと言っても、どんな風に展開するのか


まだよく分かっていない。


本当に社長の話だけを聞いて大丈夫か?いやいや、これは危険だ。


よくよく冷静に考えたら、決して楽観できないことだ。


社長の言うことを完全に信じるのは、ものすごく危険だ。


とにかく、今までだって、社長の予測はことごとく当てが外れた。


私は、たとえ週に3日であっても医療に関わっている方が良い。


完全に医療から離れてしまうと危険だ。


いざという時に、稼げる道筋はあった方が絶対に良い。


医療現場から、何年も離れてしまうと戻るのがしんどい。


デスクワークに慣れてしまうと、体力的にもきつくなる。


50代後半で、日進月歩の医療の世界に再び戻るのは難しい。


それでも、まだ今なら戻っても何とか働けるはずだ。


自分の体力と能力に合わせて、病院や施設を選べば良いだけだ。


建設業などは仕事のある時と、ない時がある。


季節にも作用されるし、工事の遅れで損失も出やすい。


いつどうなるか分からないのが建設業の怖さだよね。


そのことは、今回の経営で思い知らされた。


社長の予測がことごとく外れたのも、見通しが甘いからだ。


従業員も減ったし、売り上げも減って事務処理も減った。


こんな不安定な零細企業の役員の報酬だけを当てにして、他に収入の道


がないなんて、こんな恐ろしいことはない。


私はもう借金地獄の貧乏だけはコリゴリなんだ。


母親や娘や息子、孫たちに何もしてやれないのは絶対に嫌だ。


美味しいご飯を食べられないのも絶対に嫌だ。


老後に貧困老人になって、みんなに迷惑をかけて生きるのも嫌だ。


私は社長みたいに楽観的じゃない、現実的で合理主義でもある。


私自身の体力を考えて、両立できるかは分からないけど、会社の景気回復


の見通しだって、今の段階ではなにも分かっていない。


それを、社長は妙に明るくて楽観的だから恐ろしい。


それに、私は社長自身のことがもっと分からない。


社長は体力もないし、すぐに病気になってしまうし、本当に恐ろしい。


今年も一番大変な時に病気になって入院して、手術までしたんだ。


しかも、この馬鹿な社長は、何度言っても健康管理が出来ない。


はっきり言って、患者さんの中でもこういう看護師泣かせがいる。


担当看護師がいくら指導しても、全く自分で改善しようとしない人。


自分の健康管理が出来ない社長なんて、とんでもないくらい不安だ。


こういう人は、絶対にずっと自己管理なんて出来ないと思う。


社長は信じてもらえなくても、私の役員報酬分も自分が頑張って払える


ようにすると言ったが、これって、本当に信じられる?


今までのことを考えたって、到底信じられるものではないなあ。


会社の業績が落ち込んで、何か月も役員報酬がでないことがある。


実際にゼロ、おまけに会社に資金を注ぎ込む、そんなことの連続だった。


それを、信じなくても頑張るって言われても、やっぱり難しい。


経理総務の仕事は、体力は要らないし看護師をしながらでもやれる。


会計ソフトなんて診断までしてくれるし、Excelだって大丈夫だ。


経営改善計画書だって、考え方は看護計画書と変わらない。


経営目標を設定して、目標達成のための具体策を書けば良い。


社長と立てた計画を、A3用紙に3年、5年と計画を書くだけだ。


総務の仕事だって、新入社員や退職者がいないと処理もないしね。


看護師はブランクが長くなると、体の動きも頭も鈍ってしまう。


同い年の友達だって、75歳定年の訪問看護をやっている。


それも、凄いって思うけど、実際に需要があるのだ。


ナースバンクに登録したら、60歳を過ぎていても働く場所はある。


若い人のようにバリバリ働けなくても、その人に合った働き方ができる。


65歳定年の病院や施設も多くなったし、健康なら働ける。


建設業界は仕事がないこともあるし、倒産リスクがものすごく高い。


いくら社長が倒産させないって言ったって、どんどん倒産している。


これは、私自身の人生だし、慎重に考えないといけない。


そうしないと、私の老後は不安定になる。


会社をどんな方法で復活させるか分からないけど、自分を守る


ことを考えないと、人を当てにするほど危険なことはない。


私は何度も頭を打ってきたのに、また懲りず信用するのは危険だ。


私もいいおばさんだし、そろそろ、学習しなきゃ馬鹿じゃないか!



 下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m




2017年11月17日 (金) | 編集 |

しかし、社長は明るい。


あの明るさは何だろう?


「俺だって、悪いと思って気にしてる。だけど考えても仕方ないやろ!」


と迷惑をかけまくっている業者にも図々しさが隠せない。


メインバンクの支店長まで味方につけて、絶対に倒産させないと頑張る。


はあ、もしかしたら支店長もまんまと社長に引っかかったのか?


もう1回だけ信じてやってみようか?ダメもとでやるかなあ。


どうせ、どん底だし、これ以上の底もあるのかも知れないけど、


あっても底の底のどん底だ。


私は今、美味しいご飯が食べたいだけだ。


最近は節約しすぎて、愛犬のご飯より質が落ちて犬以下だもんね。


美味しい焼き肉が食べたい!お寿司が食べたい!天ぷらが食べたい!


夢の中では美味しいご馳走が並んでいるのに、現実は炭水化物ばかりだ。


役員の仕事はさあ、確かにやり残したっていう気持ちは強い。


私って、会社でしっかりと働いていなかった気がする。


じゃあ、また臨機応変に頭の切り替えからやるしかないなあ。


もうどうでもいいや~。やってみて駄目だったらまた看護師をやろう。


さて、切り替え、切り替え、はい、スイッチぽん!

          


下記のポッチにタッチをお願いします。m(_ _)m